« 謹賀新年 | メイン | オリーブチェア »

ピメントンのチーズクッキー

新年明けましておめでとうございます。

新年早々新商品の発売と、今年はおめでたい1月を迎えることが出来ました。



新商品はスペイン産のスモークパプリカ=ピメントンです。パプリカはスペイン語ではピメントンと呼ばれていますので、今後ピメントンと表現していきます。

日本で普通に市販されているパプリカとは全く違い、スペイン産のピメントンには独特の香りと旨み成分がぎっしりと詰まっています。出来上がったピザにパラパラかけるだけで、その素晴らしい風味を感じていただけると思いますが、茹でたジャガイモにオリーブオイルとフロールデサルをかけ、最後にピメントンを掛けるだけでも全くいつもと違う一品が出来上がります。まずは色々なものに掛けて試してみてください。焼き魚に掛けるだけでもいいですし、肉や野菜にも抜群に合います。勿論、煮込み料理の隠し味にも使っていただけますので、とにかく万能な調味料として使っていただけます。原料はスペインのある特定の地域に生息する唐辛子ですので、生活に唐辛子パワーを益々取り入れていただけます。

辛さよりも旨さを楽しむパウダーです。それが普通の唐辛子やパプリカとの大きな違いです。

新商品販売を記念して早速レシピをご紹介します。

チーズとピメントンを組み合わせたクッキーですが、スイートタイプのピメントンを使っていただけば子供さんでも食べられます。

お正月、朱色のピメントンをお料理に加えて、縁起の良いお料理を沢山作りませんか。喜ばれること間違いなしです。

我が家ではクリスマスから新年にかけて、ワインを飲みながらこのクッキーが大活躍でした。

【材料】
チェダーまたはゴーダ―チーズ(ペコリーノでもOK)・・・200g  
バター(常温で柔らかくしたもの)・・・35g   
EVオリーブオイル・・・35g   
薄力粉(全粒粉でもOK)・・・200g  
ミルク・・・大さじ2  
塩・・・小さじ1/2
ピメントン・・・小さじ1  
(通常スイートですがスパイシーでもビタースイートでもOK)
フロールデサル・・・適量
 
【作り方】
1.チーズを粗めにおろし、その他の材料と共に混ぜ合わせる。 じっくり練る必要はなく砂状になったら生地を玉状にまとめ、 めん棒で伸ばす。

2.好みのクッキー型で生地を抜く。生地は5~6mm程度の厚みにする。
3.クッキーには櫛で穴をあける。
4.事前にオーブンを180度で温めておき、約20分少しクッキーが茶色く焼き色がつくまで焼く。

5. 仕上げに好みでパラパラとフロールデサルを振りかけ完成。


Chiho

極上のオリーブオイル 購入はこちら
Angel & Chiho Spain(パワジオ コーディネーターの小野塚千穂さんのページです。)

ショップのご案内

〒371-0836
群馬県前橋市江田町277
TEL:027-254-3388
mail:powerdio@sun-wa.co.jp
営業時間:
  平日/12:00~18:00
  土曜祝日/10:00~18:00
定休日:火曜日

ショップ詳細