« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月29日

powerdio庭 OLIVE

powerdio clubのオリーブの木も、花が終わり、実がすくすくと育っています。

現在の大きさ、約1.5~2cm。
キレイナ緑色。
とてもかわいいです。



ネバディロブランコ



ミッション


マンザニロ


アザパ


サウスオーストラリアベルダル


ルッカ


ジェイファイブ


サラサ


小さな苗木も多数、取り揃えてます。

小さくてもたくさんの実をつけています。
秋には収穫、楽しみですね。

実付きの小苗は鉢植えにすると素敵です。

おかもと

2009年06月28日

フラワーアレンジ教室ありました♪

6月のテーマは、『花束つくり』
今回の花の組合せは、白とグリーンを選んでみました。

花材

ニューサイラン
SPカーネーション ミルクティー
SPカーネーション gr
トルコキキョウ  
アルストロメリア キッス
ピンポンマム
菊 gr

1本のニューサイランを4枚に裂いてもらい、編みこんでもらいました。
花束つくりの土台をつくってもらいます。
シュトラウスをつくるのには、花だけで束ねるよりも 土台があった方が組みやすいので
今回は 土台を最初につくってもらいました。

完成したニューサイランの編みこみを三角に折り曲げて
ワイヤーで足をつくってあげます

その中に 下処理した花材をスパイラルで組んでもらいました。


  

こんなに素敵にしあがりました。
初夏のウェディングとかにもブーケでもてそうな出来栄えです!!
今回もありがとうございました。
お疲れさまでした。

次回のフラワーアレンジメントの教室の案内

日程・・・7月24(金)、25(土)、26(日)
時間・・・10:30~12:30
参加費・・3,150(税込)

テーマは、まだ決まってませんが、、、
季節の花で楽しんでできるようなものを考えます。
ぜひ、参加してみてください。

茂木

2009年06月27日

オリーブオイルのネット販売が始まりました!

日本はすっかり雨季に突入。私も10年以上体験していなかった雨季の湿気を体験し、改めて湿度の大切さを実感しました。数日前にスペインに戻ったのですが、あまりのドライさに参りました。1日ですっかりカサカサになり、どのくらい日本の気候がお肌にいいものか...早速使っているオリーブオイルの量を増やしました。(まだ紹介していませんが、極上のオリーブオイルはお肌の手入れにも重宝します。次回説明しますね。)

パワジオ倶楽部で大好評のシングルエステートオイルですが、ようやくネット販売にたどり着きました。これでよりたくさんの方にこのオイルの素晴らしさを知っていただけると思いますが、シーズンに合わせた簡単でお洒落なレシピもご紹介したいと思いますので、皆様是非サンワショッピングのホームページもご覧になって下さいね。オリーブオイルコーナーはまだ完成したわけでなく、これからもっと充実させて行きます。お楽しみに。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/sun-wa/olive.html

ところで、パワジオ倶楽部で実をつけていたオリーブ、すくすく大きくなっております。

皆様のオリーブはいかがですか。種類によって大きさも形も違うオリーブの実を眺めることは、とても楽しくて、毎日オリーブの様子をうかがうことがスタッフ全員の日課になっています。ちょっと時間があったり、涼しかったりすると、なぜか足がオリーブの方へ向いてしまい、引き付けられたようにオリーブの木に見入ってしまうようです。すごいですね、オリーブの魅力。とにかく、実がすくすく育つ様子は可愛いの一言!

キンタドコア

こんな素敵なガラスの容器に入れて使っています。

chiho

2009年06月24日

アバンティー料理教室☆

先週、La cucina AYANTI(ラ・クチーナ・アバンティー)の先生をお招きして、オリーブオイルを使った料理教室が開催されました。

・トマトと玉ねぎのサラダ
・ハムのムース
・バーニャカウダ
・青のりのグリッシーニ
・オリーブのパン
・温野菜

今回は、青のりのグリッシーニとオリーブのパンの生地を、皆さんでこねて作っていきました!


大きめなボウルで生地がなめらかになるまで10分ほどこねました。


生地を二つに切り離して、グリッシーニとオリーブパン用に。

みなさん、熱心に。そして・・楽しそうでした♪

生地作りをみなさんで楽しみながら、先生はバーニャカウダ作り。
2カップのオリーブオイルに、国産のボリューム満点のにんにくをまるごと2個!

とっても~いい香りで、みなさんうっとりしていました!


アンチョビ&バターを加え、さらに煮込みました。

ミキサーでなめらかなソースに。


ブロッコリーの蒸し炒め。
色が鮮やかで、美味しそう!!

バーニャカウダに夢中になっている間に・・・
パン生地もだんだん膨らんできました!!

最後にみなさんに、食事を楽しんでいただきました。


今回の、お料理教室 パワジオ倶楽部で取り扱っているオリーブオイルを使い、オリーブオイルの使い方・
オリーブオイルの美味しさをみなさんに楽しんでいただけた素敵な会でした。

まだ参加されていない方。また、開催の際は是非 参加してみてください。おすすめです!!

楽しかったです。
参加していただいた皆さん・先生ありがとうございました!

おかもと

2009年06月22日

お中元シーズン

最近になり、お中元にとオリーブオイルを購入していただくお客様が増えました。
今回はラッピングや 値段に応じてオリーブオイルとお塩、ヴィネガーの組合せをしてみたので
ご紹介いたします。

 


こちらは、オイル1本のラッピングの仕方です。 季節や用途に応じて使っている和紙の色を変えます。
ポイントにオリーブの葉をアクセントにしています。
パワジオならではのラッピングは、皆様に喜んでいただくこと間違いなし!です!!

こちらは、オリーブオイルとヴィネガー、塩の組合せになります。
シェリーヴィネガーは少量でも、香りがよく料理が味わい深いものになります。
1本あれば、なが~く愛用できます。
これからの季節には、得に喜ばれるのではないでしょうか。

こちらはオリーブオイルとフロールデ・サルの組合せになってます。
フロールデサル『塩の花』とよばれ、大西洋から生まれた最高級の塩の結晶です。
お肉やお魚、天ぷら、サラダなどなど少しつけて召し上がってみてください!!
最後に甘も感じられ、調味料は他に必要ないのでは???と思われるほど
素材そのものの良さを引き出してくれます。
上質なオリーブオイルと、上質な塩の組合せになってます。

こちらは、パワジオで人気商品のスパルト草のカゴにオリーブオイルと塩を組み合わせてみました。
カゴも、すごく丈夫なのでお野菜の収穫やお庭にでてハーブを積んだりするときとか使っていただくと
とてもカワイイガーデングッツにもなります。
もちろん お買い物をする際に持っていただいても素敵です。

以上がお中元の提案の組合せですが、予算に応じて組合せなどかえることができます。
1つ1つ、パワジオスタッフが心をこめてラッピングいたしますので
まとめて注文いただける際は、前もってご連絡いただけるとうれしいです。
地方発送も承ってます。
詳細を知りたい方は、パワジオ倶楽部までお問い合わせください。

茂木

2009年06月14日

オリーブの支柱

先日、オリーブの本でお馴染みの岡井路子先生がいらっしゃいました。
今回はセミナーが開催されたわけではなく、先生とご友人の方がお買い物に
お忍び(?)できてくださいました♪
到着するとまっさきに、パワジオのオリーブの木のもとへ・・・

すぐに、先生ご持参のマイハサミが登場!  
先生のご指導のもと剪定作業と支柱をする作業が始まりました!!


  


オリーブの木に支柱をしているところ。
先生の手にかかると、ただの支柱が オシャレに変身!!
麻ヒモの色を、自分の好きなカラーで組合せて三つ編みにしたり、、、
まるでお洋服をコーディネートしているかのようにオリーブの木にアクセントを加えます。

先生のご持参の麻ひも。 麻ひもはアンティークな雰囲気のでているカンに収納されており
中央に穴があいているので、ヒモが絡むことなく機能性も抜群!!見た感じもとっても素敵です!!
今回は、パワジオで販売されているスパルト草の籠にいれてみました。
こんなカワイイ道具に囲まれるだけで、作業が楽しくなりますよね♪


   
こんな感じにしあがりました。

オリーブの今後の成長のためには、支柱をしっかり立ててあげることが必要です。
自分のオリジナルカラーのヒモを使って遊んでみてくださいね!

たまたま先生のいるときに来ていただいた常連のSさん!!お手伝いありがとうございました。
楽しく作業ができました♪

茂木

2009年06月11日

オリーブパンNo.2

オリーブ入りのスペインのパンをしばらく前にご紹介しましたが、今日はパワジオ倶楽部で料理講師をしてくれている山下春美先生のパンをご紹介します。

生地が非常に滑らかで白っぽいポルトガル風のパン。
ブラックオリーブの薄いかすかな紫色が、パン生地に馴染みほんわりと色をつけているのが最大の魅力。こんな微妙な色の美しいパンにはめったにお目にかかれません。

皆さんもこんなオリーブオイルとオリーブの実を使ったパンを焼いてみたくありませんか。6月19日のお料理教室ではパンと野菜、そしてバーニャカウダが登場です。

バーニャカウダの美味しいレシピは、特に感動的なものは門外不出が多く、今回のレシピは特別出場です!!!
まずいバーニャカウダで気分が悪くなった人、生臭い2度と食べたくないバーニャカウダに出会ってしまった人。今度こそ美味しいバーニャカウダに出会えます。絶対に参加してみて下さいね!

このソースはしっかりと保存すれば、6ヶ月は持ちますから、マスターしておくと非常に便利ですし、とてもお洒落。ヨーロッパで魅力ある男性は、テーブルセッティングからお料理の仕方までかなり詳しい事を知っています。日本でもそんな男性が増えて欲しいという気持ちを込めて、今回は教室を準備いたしました。

オリーブオイルで男性が素敵な料理を作れる生活、そんなライフスタイルをこれからも提案して行きたいと思っています。

Chiho

2009年06月08日

塩情報続編

前回、美味しいオイルに合わせるお塩の話をしましたが、今日はそんな伝統ある塩を作っている人たちをご紹介します。

塩職人のフェルナンドお爺さん。この地域で最も塩に詳しい方だそうです。隣にいるのがニコ、塩商人です。ドイツ人のニコは、ウィンドサーファーとしてここポルトガル南部にたどり着き、それから塩の世界に取り付かれてしまったそうでが、これだけ歴史ある塩田が近くにあったら、そうなっても仕方ないかもしれません。

パワジオ倶楽部でご紹介しているオリーブオイルもお塩もヴィネガーも、こんな風に全て現地でどんな人がどんな風に生産するかを確かめてから、ショップでご紹介しています。物が異常に溢れている日本で、本当に良いものを入手するのは大変困難なこと。少しでもバックでどんな工夫がされているのかとか、苦労があるのかお知らせしながら、歴史あるもの、守りたい伝統あるものをお届けしたいと思っています。

塩の花=フロールデサルは、塩田で薄い氷のように浮かぶ結晶を集めていますが、トラディショナル・ソルトは、15日毎にフロールデサルの下にある塩を、同じように手作業で収穫したもの。歯ざわりに違いはありますが、味を区別するのはとても困難!

フロールデサルは料理の仕上げ、トラディショナル・ソルトは調理にと、是非使い分けてみて下さい。

Chiho

オリーブオイルに合わせる塩

美味しいパンとオリーブオイル、そして旨みのある自然塩があれば、大変満足のできる食事ができますが、粉本来の味や風味を残しているパンを都会で発見することは至難の業。ヨーロッパでも都会と田舎のパンの味にはかなりの違いがあるもので、感動する美味しさのパンは、やはり田舎に多いようです。

パワジオ倶楽部で販売しているオリーブオイルを使うとき、是非、皆さんにその歯ざわりと旨みでより食事を豊かなものにしてくれる『塩の花』とよばれるフロールデサルを、オイルと一緒に試していただきたいので、今度はポルトガル南部アルガルベ地方へ足を運び、2500年以上の歴史ある塩田から古代の人々も評価していた塩を入荷いたしました。

フロールデサルだけでなく、調理用トラディショナルシーソルトの粗塩など数種類の塩を準備しました。オリーブオイルと共に、ふりかけのように使っていただきたいお塩なのですが、大西洋のミネラルたっぷりの旨みをテーブルに届けてくれます。

私はこの塩やオリーブオイルのように、食べるとその味の深みで、それが作られた場所の風景が目に浮かぶようなものが好きですが、この塩もそんな奥深さがあるものです。
是非、テイスティングにご来店ください。

写真は特製陶器に入ったプレミアム・フロス・サリス
これは毎年一番初めに収穫されたフロールデサルだけを詰めたもので限定品です。

塩田の様子

  
 

chiho

2009年06月06日

コンクール詳細

スペインマドリードには、世界で最も重要なオリーブオイルに関する機関、国際オリーブ審議会 International Olive Council 略してIOCというものの本部があり、昨日お知らせしたとおり、毎年エクストラ・ヴァージンオリーブオイルのコンテストが行われます。

今年は、エジプト(1社)、フランス(4社)、ギリシャ(14社)、イスラエル(1社)、イタリア(4社)、モロッコ(2社)、ポルトガル(25社)そして、スペイン(34社)合計85社の間で賞が競われました。

分野は大きく分けて2つ、グリーンフルーティー部門とライプリィフルーティ部門。ライプリィとは、熟したブラックオリーブの中でもフルーティなものという意味です。そして、その2つの部門をもっと細かくインテンス=ストロングフルーティとミディアムフルーティーに分けてオイルが分類されます。


ロブレド・マデイラ家が受賞した賞は次のものです。

2位
Intense Ripe Fruitiness
ストロングタイプのフルーティで熟したオリーブから作られたオイルの部門

3位
Medium Ripe Fruitiness
ミディアムな熟したオリーブから作られたオイル部門


特に3位は、パワジオ倶楽部で販売しているオイルをいつも掛かりきりで作ってくれているフェリペさんが個人的に受賞しており、どのくらい彼のセンスがオイル作りで重要であるか物語ってくれている賞で、私たちとしては特に嬉しい受賞です。

写真の人物がフェリペ

chiho

嬉しいニュース!

今日はポルトガルから一番嬉しいニュースが届きました。
ご存知のように、ロブレド・マデイラ家のオリーブオイルは世界でも有数の優秀なオリーブオイルで過去にも沢山の賞を受賞しております。その中でも最も権威あるオイルの賞(世界で一番重要と評価されています)は、マリオ・ソリーナスコンクールとよばれ、よくあるガイドブックとは違い、本当に価値のあるオイルが賞を受賞しています。

まだ、カテゴリーは分からないのですが、その中の2位と3位を獲得したそうで、オーナーのフェリペも大喜びでメッセージをくれました!

このオイルの良さは確信していますが、やはりマリオ・ソリーナスのようなコンクールで何度も受賞経験がある方々のオイルを販売できるという特権には、心からの喜びを感じずにはいられません。

6月には最新のオリーブオイルのテイスティング会も催しますので、是非皆様お立ち寄り下さいませ。今回は3つのカテゴリーにオイルを分け、より詳しくオイルの説明をするつもりです。これからの暑さを乗り切るための最適なレシピもご紹介しますので、前回参加なさった方でもまた違う楽しみ方ができるはずです。

写真は鈴なりオリーブ

パワジオのオリーブの実も成長を重ね大きくなってきています。
こんな鈴なりオリーブが出来る事を願って...

chiho

極上のオリーブオイル 購入はこちら
Angel & Chiho Spain(パワジオ コーディネーターの小野塚千穂さんのページです。)

ショップのご案内

〒371-0836
群馬県前橋市江田町277
TEL:027-254-3388
mail:powerdio@sun-wa.co.jp
営業時間:
  平日/12:00~18:00
  土曜祝日/10:00~18:00
定休日:火曜日

ショップ詳細